商品情報の管理は、安価なバーコードがまだまだ主流ですが、無線通信によって読み書きできるRFID(Radio Frequency Identification)を利用することで、作業負荷の軽減(複数同時読み取り可)は元より、タグに個々の商品情報を持たせることで、持ち出し管理や商品のメンテナンス情報がタイムリーに把握できます。

■婚礼貸衣装のタグ管理(事例)

  • 衣装にHF帯リネンタグを取り付け、入出荷時(店舗移動・式場納品/回収・クリーニング出し/上り)に一括読み取りし、商品の所在を明確にします。
  • クリーニング回数等をICタグに書き込み、商品の品質管理も徹底できます。